Pcolleレビュー始めました。(毎日更新)

毎日新作を複数レビューしています。ジャンルも幅広く、更新数だけはお任せください。月間100本くらい書いてます。

サマースカイさん

【青チェ遠征Vol5後編】本人バレから猛追及の末逃走まで

カメラ目線との攻防戦。ついにバレ!

(クリックで飛びます)

 

この人は本当にジャンルも豊富だなー。



どうも。Pcolleレビュー始めました。管理人です。

本日3本目の更新。
このペースだと月間100本いけそうかなー。
レビューに対してのルール改正でどうなっていくかが不安なところですが。

それでは今月49本目のレビューいきますよー

今回の作者さんは サマースカイ さんです!

作品はこちら

 

【青チェ遠征Vol5後編】本人バレから猛追及の末逃走まで

 

前作の続きです。
前作ですら濃い内容だったというのに、
今回はさらに凄いことになってそうですねー。
ということで冒頭はこんな感じで始まります。

 


顔はまだ見えませんが前作のJKちゃんっぽい後ろ姿。

 


まずはエレベーター内でいただきます。
分かりやすい白P。なかなかフィット感もありますね。

 


ここでいきなりスマホ直撮りさく裂。
ライトを焚いてるだけあってさすがに綺麗な映像ですね。
パンツも良いけど、尻肉とか太ももにも注目していただきたい。

 


お次はエスカ。

 


からの階段。
パンチラの王道シチュを網羅しているかのような内容。
個人的にはやっぱり階段が好きですねー。
エスカと違って動きがありますし。

 


しっかりじっくりの追い撮りも。
ここまでどのシーンもパンツの見え方はGOODですね。

 


ここで顔撮りがきました。
前回のJKちゃんで間違いないです。
ちょいカワくらいですが、JK感もしっかりあるタイプ。
今回タイトル通りにバレ要素があるわけですが、顔は普通に出ちゃってます。

 


そして下りのエスカです。
本当にとことん何でも見れるような濃い内容。
右の画像のアップもいいけど、左の顔も見えつつってほうが僕は好き。

 


前作に続いてかなりの粘着撮りです。
これだけ張り付いてずっとついて行くなんて正気の沙汰じゃありません。
本当に狂気系の方ですよね。もちろん誉め言葉です。

 


後半は電車内での撮影。
ここは超じっくりです。
背後からずーっと見れます。

 


はい。文字にしなくても十分分かります。
ぶつかったのが映像からハッキリと。
しかもけっこうごく自然にぶつかってます。
ちょっと調子に乗りすぎた感じです。

 


もちろんJKちゃんも気付きます。
「え、なんかあたったんだけど…」
そんな声が聞こえてきそうな数秒の間。
そして意を決したかのように振り返ってきます。

 


最初はカバンがぶつかったのか程度だったのではないでしょうか。
でも段々とまじまじとカバンをガン見してくるんですよ。
この時間かなり長いです。カメラを見る目がどんどん怖くなってきます。
最終的にはかなり睨んでますし、たぶんスマホで証拠撮影してるっぽい。
明らかにスマホがこっちを向いてるんですよね。
凄いのは撮影者はこの状況でも動かず、しかも撮影を続行。
おそらくリアルタイムでモニターは見てると思うんですよねー。
足にぶつかった時点でかなり焦ったはずなんですが、別車両に行くわけでもなくここにとどまる。
でもそうですよね、これだけカメラをガン見されて、
ここで逃げようものなら疑いが確信に変わるのは明白。
別車両に逃げたところで電車からは逃げられないし。
それでもカメラを回し続けてるのは本当に狂気です。

 


ドアが開き、ようやく逃げられると思ったのも束の間。
まさかのJKちゃんが走って追いかけてくるという恐ろしい展開。
しかもここでもまだカメラを回している。

 


撮影者の声はカットされてませんが、JKちゃんの声はほぼ聞けます。
けっこうな勢いで詰められる。
でも駅員に通報とかはしてないのが分かるので、そこは不幸中の幸い。

 


撮影者はおそらく曖昧にして立ち去ろうとしてます。
でも食い下がってくるんですよこの子。
「いや、獲ってましたよね。カメラ見えてるし」
やっぱり見えてたんだなー。完全にカメラと目が合ってたもんなー。

 


最後まで詰め寄ってきますが、逃げるが勝ちです。
ダッシュではないけど、もはや聞こえないふりで足早にといった感じで終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のベストショット!





再生時間:12分49秒
被写体:1名
顔有り
音声有り(一部消音)
1088x1920 29.90fps
価格:790円



作品の内容をまとめました。

★は5段階。それぞれ5項目に分けて評価。
販売者目線と購入者目線を合わせて、なるべく中立に。
ただ、僕の趣向や好みもあるので、あくまでも個人的な感想です。
★1つを4点として集計し、パンツや実用性なども加味して総合点を算出します。

 

ルックス:★★★

前作に続き顔自体は★3.5くらい。
飛び抜けた感じではなく、ちょうど良いタイプの可愛さ。
クラスにいるのもリアルにイメージがわくのが個人的に好きなところ。

画質  :★★★★

最初の頃は光量不足が気になったこともあったんですが、
最近はけっこう安定してます。
気になるとこもほとんどなくて、普通に高画質ですね。

撮れ高 :★★★★★

前作に続いてシチュが豊富。
やり残したことはないんじゃないかってくらい。
強いて言えばめくりくらいかな?
その他はほぼ全部揃ってると思います。バレまであるのも強いです。

臨場感 :★★★★

本当難しい。さすがに撮れ過ぎだろっては思います。
でも撮影の雰囲気や臨場感はあるんだよなー。
カメラがぶつかるとこもなかなかリアルで。
詰め寄られるシーンもリアリティー的には十分で。
実際リアルに見せかけて作るなら、もっと尺を削ったり方法はいくらでもあるはず。
でもこの方はあえてそれはしない。うん、狂気系なのかもしれないですね本当に。
そういう作者さんって過去にも実際にいましたからね。
ヤバいことを平気でやってのける系の方が。

コスパ :★★★★★

パンチラとしてこれだけ詰め込まれてたら安いでしょう。
尺もたっぷりだし満足感は確実にある。

総合点  :86点

前作と同じ点数です。
パンチラの内容的には前回とほぼ一緒です。
いろんなシチュが見れてシーンがとにかく豊富。
最後まで飽きることもなく全力で集中して見れます。
違う点で言えば、前回は普通に声かけで今回はバレという点ですね。
どっちがいいかと言われれば僕は今作です。
やっぱりバレ要素は強いですよ。要素どころではなく完璧バレですからね。
足にぶつかったあとのカメラへの視線。あそこはずっと見ていられます。
定かではないけど、証拠をおさえようとスマホをこちらに向けているのも逆に良き。
撮影者側からしたらたまったもんじゃないですが、見てる側には良いシーンです。
たしかに今どきの子ならまずは証拠をスマホで撮影するだろうなと。
疑惑が確信に変わってからの睨むような表情。
そのあたりも僕の好きなポイント。
電車を降りてセーフと思いきや、走って駆け寄ってくるとこも良い。
もちろん詰め寄ってくるJKちゃん、食い下がるJKちゃん、そこも見どころです。
凄いのはよくこのシーンまでカメラ回してるなーと。
撮れ高もたっぷり過ぎて正直どっちなのかは毎回ですが分からない。
臨場感があるだけに本当に不思議です。でもマジでヤバい人な気がしてきた。
いや、褒め言葉ですからね。とりあえずバレ要素が好きな方にオススメです。
今日も買って損なし!な作品でした。

 

 

↓画像をクリックすると商品ページへ飛びます↓

-サマースカイさん
-, , , , , , ,

Copyright© Pcolleレビュー始めました。(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.